カナダ小学校・中学・高校留学基本情報

カナダの教育制度

カナダでは⼩学校・中学・高校の統括は各州の教育省が行っており、各エリアにある教育委員会が留学プログラムの運営をおこなっています(入学申請は中学や高校ではなくエリアを管轄する教育委員会になります)。小学校から高校卒業までの年数は日本と同じように 12 年かかりますが、各州によって小学校、中学校、高校という区切りが異なります(以下参照)。ただ、この区切りによって学ぶ内容が大きく異なることはありません。カナダでは各州の教育省や教育委員会が学習内容を厳しく管理し、州ごとに大きな教育格差が出ないように配慮されています。

年齢   6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17
学年(Grade)   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
アルバータ州
プリンスエドワード州
ノバスコーシャ州
ノースウェストヌナブト州
ニューファンドランド&ラブラドール州
P/K 小学校 中学校 高校
ブリティッシュコロンビア州
ユーコン
P/K 小・中学校 高校
オンタリオ州
マニトバ州
P/K 小・中学校 高校
サスカチュワン州 P/K 小学校 中学校 高校
ニューブランズウィック州 P/K 小学校 中学校 高校
ケベック州 P/K 小・中学校 高校  

カナダの公立高校

カナダ人の 約90%は公立学校に通います。カナダの高校には、大学進学コース、カレッジ・専門コース、就職のための職業訓練コースなどがあり、全ての生徒が各々の目的に合わせて柔軟な選択が出来るよう工夫されています。

また、高校在籍中に大学の 1 年次の単位が取得可能な IP プログラム(アドバンスドプレースメント)や国際的な大学入学資格である IB プログラム(国際バカロレアプログラム)を提供する高校も多く教育への意識の高さもうかがえます。留学生の場合、最初は ESL コース(留学生⽤英語コース)と英語力のそれほど必要ない体育・美術・選択授業などのコースを取り、英語力がついてくるにつれ他の教科も受講していくことになります。

カナダの教育を守る教育機関「caps-i」

caps-i とは Canada Association of Public School-International の略称で、カナダ公立学校の教育環境・プログラム・教師・ホームステイ・留学⽣サポートの質を厳しく管理するいわばカナダ学校教育の統括機関です。この機関に加盟している学校の教師は、全てカナダ政府の認定を受けており、その多くが修士号や博士号所持者になります。
FSS は caps-i に加盟するほとんどの教育委員会から公認エージェントとしての認定を受けています。

入学時期(9 月・2 月・4 月)と終了時期

9 月入学→6 月終了
2 月入学→1 月終了
4 月入学→3 月、または 4 月に終了 *4 月入学が可能な教育委員会に限ります。
*9 月入学の場合、現地での⽣活や英語に馴染んでおくためサマーキャンプに参加したり、語学学校で英語力を磨くことができます。

出願時期

入学を予定時期の 6 ヶ月前までに出願の手続きを開始すると余裕を持って準備ができます。ただし、現地との密な連携をもつ FSSでは、ご出発3ヶ月程度前の出願も可能なので、急な手配が必要なお客様はお気軽にご相談下さい。

出願に必要な書類

以下はカナダの小学校・中学・高校入学に必須の書類になります。
入学申請書
現在+過去 2 年間の成績証明書(英語)
パスポートの写真ページのコピー

申請先の教育委員会により、以下の書類も必要になります。
校長先⽣、または、担任の先生からの推薦書(英語)
本人の英作文
パスポートサイズの顔写真
予防接種記録(英文)

安心のホームステイ

カナダの中学・高校留学では、ホームステイ先も教育委員会、または教育委員会が提携するホームステイ手配会社が責任を持って管理しています。各教育委員会にはホームステイコーディネーターと呼ばれる専任の担当者がおり、ホームステイの募集・選定・ホストの管理を⾏っています。過去の犯罪歴の確認は勿論、近所の方からの推薦を必要する場合もあり、安全な⽣活環境の提供に努めています。万が一、ホームステイ先との相性が合わず変更が必要な場合も、弊社が現地教育委員会と連絡をとり、変更⼿続きを⾏います。小学生のカナダ留学の場合は親の同伴が必要となり、滞在先もホームステイではなく、アパートでの生活になります。

ガーディアン制度(後見人)

カナダでは 18 歳以下(州によっては 19 歳)の学⽣が留学する際、ガーディアンと呼ばれる後⾒人を⽴てる事が義務付けられています。これは現地の親代わりのようなもので、不測の事態に備え日本で生活する親の変わりに責任を持って対処するためのものです。ほとんどの場合、教育委員会やホームステイファミリーがその役を担います。

カナダ中学・高校留学の種類

2年以上(卒業目的) カナダの高校卒業を目指す場合は、最低2年間(Grade11,12)の課程を修了する必要があります。卒業すると、カナダのカレッジや大学への進路が開けます。
1年留学 高校在学中の1年間をカナダで過ごす留学です。語学吸収の早い年代ですので1年間の留学でも見違えるような成果を上げる子もいます。帰国後、カナダで取得した単位が日本の高校で認められるかは通学中の学校まで渡航前にご確認下さい。
セメスター留学
(1学期のみ)
1学期間(約5ヶ月)のみカナダの高校へ通います。こちらも単位の認定について予め通学中の学校までご確認下さい。
短期留学 春休み・夏休みを利用した2~8 週間の短期留学。授業やアクティビティーを通じて各国の生徒と交流します。将来の長期留学の下見としてご利用される方も多数いらっしゃいます。

カナダの高校卒業を目指す

カナダの高校卒業には Grade11 と Grade 12 の課程を修了し、州の統一試験(ProvincialExam)に合格することが義務付けられています。カナダで Grade10(高校1年)から始める場合、本人の努力も必要ですが、通常 3 年間での卒業が可能です。授業を不真面目に受けると単位が取れず卒業までに 3 年以上要する場合もありますのでしっかりと努力しましょう。Grade11(高校2年)から始める場合は、通常卒業までに2.5年間は必要になるとお考えください。時々、「2年での卒業も可能」という案内をされる留学会社もあるようですが、「入学時にかなり高い英語力がある+英語がカナダでも順調に伸びる+真面目に勉学に取り組み単位を落とさない」という条件が揃った場合に限られますのでご注意ください。

カナダの場合、日本のようにテストで良い点数を取ってさえいれば卒業出来るという甘いものではありません。出席状況や授業での積極的な参加も成績に大きく反映されますので、日々の努力を大切にしてください。

入学時期の選び方

卒業目的留学の場合

カナダでの進学を目指す場合、9 月・2 月・4 月のどの入学時期でも大きな差異はありません(カレッジ・大学も 9 月・2 月スタートが大多数のため)。ただし、日本の大学へ帰国子女枠/入試にて入学予定の方は、希望大学の出願時期を確認した上でご検討下さい。

1年留学の場合

1 年間の留学をご希望の場合、以下の点を考慮の上ご検討下さい。
4 月入学→翌年 3 月に留学終了→4 月から日本の高校へ復学
9 月入学→翌年 6 月に留学終了→9 月から日本の高校へ復学
2 月入学→翌年 1 月末に留学終了→2 月に日本の高校へ復学(3 学期の途中)
*小学生の留学の場合、9月と1月の入学時期が一般的です。

単位取得のコツ

卒業後の将来のこともしっかりと考え留学を実りあるものにするには、単位の取り方も非常に大切です。特に卒業を目指す場合は、Grade11(高校 2 年)の時点で、自分がどのような進路に進みたいかしっかりと考え、各校の進路コーディネーターに相談しながら、単位の取り方を決めていきましょう。

卒業後の進路

日本人留学生の主な進学先は以下のようになります。カナダの高校を無事に卒業するとカナダ国内のカレッジや大学へ直接入学するという道も大きく開けてきます。カナダは編入システムも充実しているので、2 年制カレッジを卒業後、希望の大学へ編入し学位を取得することも可能です。

日本へ帰国する場合、大学に入学される方が多数を占めます。一般的に、カナダに限らず海外の高校に 2 年以上通った場合、「帰国子女枠」を利用して一流大学への入学が可能、とされています(2016年4月現在/大学により異なる)。書類審査+英語での面接のみというところもあれば、日本の高校生同様に3-5教科の試験を課す大学もございます。そのため、カナダでGrade11(高校2年)の途中くらいから、希望大学の入学規定を確認しはじめることをおすすめします。

卒業後の進路