初めてのカナダ留学者のための基本情報

まずは知っておきたいビザの違い

学生ビザ

6ヶ月以上の就学を希望される方は渡航前に取得が必要です。同ビザでの就労はできませんので気をつけましょう。

ワーキングホリデービザ

1年間のカナダ滞在が認められ就労も可能です。6ヶ月までの就学も認められており勉強とお仕事の両方を経験されたい方には最適です。

観光ビザ(日本国籍の方はパスポートが該当)

日本のパスポート所持者は6ヵ月までカナダ国内の滞在が認められ、その期間内であれば就学も可能です。但し、期間内にインターンシッププログラムや医療関連のプログラムに参加される場合は学生ビザの申請が必要です。同ビザでの就労はできません。

1年以上カナダでの滞在をご希望の場合

観光ビザで入国→ワーホリビザに切り替え
就学期間が6ヶ月までの場合、観光ビザで入国し就学できます。その後、カナダ国内でワーホリビザに切り替えることが可能です。英語力を身につけた上でワーホリに切り替え、1年間、カナダで働きながら生活したいかたにオススメです。

学生ビザで入国→ワーホリビザに切り替え

就学期間が6ヶ月以上の場合、学生ビザで入国し就学ができます。その後、カナダ国内でワーホリビザに切り替えることが可能です。より高い英語力を身につけた上でワーホリに切り替え、1年間、カナダで働きながら生活したいかたにオススメです。

ワーホリビザで入国→学生ビザに切り替え

ワーホリビザでカナダ入国し最長6ヶ月まで就学、その後、お仕事をしながらお金をため、ワーホリ留学期間終了までに次の学校の手続きを行い学生ビザに切り替える方法です。ワーホリ留学期間中に英語力を伸ばし、その後、カナダのカレッジ(私立/公立)や大学に通いたい方にオススメです。

学生ビザで入国→学生ビザの再取得

学生ビザでカナダへ留学し、卒業後、新たに別の学校に通う場合、学生ビザの再取得が可能です。語学学校の大学進学コースからカナダのカレッジ/大学進学を目指す場合によく利用される方法です。

都市について

バンクーバー トロント その他エリア
気候 夏季は晴天が続きハワイのような心地よさ。冬は東京や大阪のような気温なので日本と同じような防寒着で大丈夫ですが、10月~3月は雨が多くなります。 夏季は晴天が続きますが、冬は氷点下になることも多く非常に寒いです。寒さが苦手な方は西海岸がオススメ。 西海岸にあるエリアはバンクーバー同様の気候。逆にカルガリーから東の都市は、トロントのような気候になり冬は非常に寒くなります。
学校数 学校数は非常に豊富で希望にあう学校も見つかりやすいです。 学校数は非常に豊富で希望にあう学校も見つかりやすいです。 エリア内の学校数が限られるので選択肢は非常に少ない。
各国からの留学生数 非常に豊富 非常に豊富 都市部の学校と比べると限定されます。

学校の種類(語学学校?or カレッジ・大学付属の英語コース?)

語学学校 カレッジ・大学付属英語コース
主目的 文法、リーディング、リスニング、ライティング、語彙などの英語基礎力を上げ、スピーキング力を伸ばす。語学学校により会話や読み書きに力を入れる学校もあり。 学部入学に必要なアカデミックな英語力の習得、および授業スキル(リサーチ、ノートテイキング、討論)を身につける。
レベル数 6~17レベル 3~8レベル
入学日 1回/月(学校により2回-4回/月) 1回/2-4ヵ月

語学学校の違い

大規模校 中規模校
クラスの人数 1クラス平均12人~15人 1クラス平均7~10人
性格の向き不向き クラス内にたくさん人数がいても気にせず発言できる方は大規模校でも大丈夫です。 どちらかというと消極的でクラスの人数が少ない方が安心という方は中規模校向きです。
レベル数 平均12レベル 平均8レベル
国籍 豊富
様々な国からの生徒が在籍し、国籍分布では中規模校を1歩リード
大規模校にはやや劣るもののヨーロッパ、南米、アジア、中東の生徒が在籍し十分な国籍分布。

基本スケジュール(語学学校の場合)

以下は、語学学校のフルタイムのコースを受講した場合のサンプルになります。
*スケジュールは学校により多少異なります。

9:00~12:00 総合英語 文法・読み書き・聞く・語彙など全ての分野をバランスよく勉強
12:00~13:00 昼食
13:00~15:30 選択授業
or
スピーキング
or
資格コース等
選択授業の一例)
リスニング・リーディング・ライティング・ボキャブラリー・発音練習・ビジネス英語・TOEIC対策・カナディアンカルチャー
*上記は一例です。

費用サンプル

例)フルタイムコースの場合 (1CAD=85円で算出)

1ヶ月 3ヶ月 6ヶ月
入学費 $100 $100 $100
授業料 $1,400 $4,200 $8,400
滞在費 $850 $2,550 $5,100
航空費 $1,500 $1,500 $1,500
滞在手配費 $200 $200 $200
空港送迎費 $80 $80 $80
交際費 $200 $600 $1,200
合計 $4,330 $9,230 $16,580
円建て $368,050 $784,550 $1,409,300

*保険料は含みません。交際費はお客様によって大きく変動します。
*滞在費はホームステイ個室/3食付の料金を基に算出しています。
*長期お申込の場合、授業料の割引もございます。(学校規定による)

日本人カウンセラーとアクティビティー

都市部の殆どの語学学校には日本人カウンセラーが常駐しており、留学生のサポートを行なっています。英語の勉強や現地での生活相談にものってくれるので心強い存在です。また、放課後にはアクティビティーが企画されており、ヨガ教室や映画鑑賞、ビーチバレー、バスケットボール、Bar night、週末を利用したスノーボード、カナダ・アメリカ観光などが代表的です。異なるレベルの留学生とも仲良くなれるチャンスなので積極的にご参加ください。
*無料・有料のものがあります。

滞在方法

基本的に最初はホームステイでの滞在になります。生徒の希望により1ヵ月~からの申込や現地での滞在延長が可能です。シェアハウスにも興味がある方は、最初の1、2ヵ月だけホームステイを申し込み、その後、シェアハウスに移ることも可能です。初めてのカナダ留学の場合、FSS-Osakaでは2ヵ月のお申し込みをオススメしています。留学初月は新しい生活に慣れたり、銀行の口座開設や携帯電話の契約などやるべきことが色々とあります。それに加え1ヵ月目から次の滞在先を探すのはかなり大変です。仮にシェアハウス探しが上手くいかなかった場合でも、ホームステイを1ヵ月だけ延長すれば滞在先の確保もでき安心です。
(延長の場合、4週間前までにステイ先/学校への連絡が必要)

お金の管理

カナダ留学中のお金の管理方法は大きく分けて以下の2通りの方法があります。

  • 1:カナダの銀行口座を開設(学生ビザ・ワーホリビザ保持者に限る)
  • 2:国際キャッシュパスポートを日本で申込(観光ビザで留学の場合におすすめ)

*カナダでの銀行口座開設には学生ビザ/ワーホリビザが必要です。

銀行

学生ビザやワーホリビザでの長期留学の場合、現地で銀行口座を作るほうが引き落としの際の手数料も安くお得です。銀行口座は誰でも簡単に開設いただけますので、学校の日本人カウンセラーやFSSのカウンセラーにご相談ください。口座をカナダで開設しておくと、銀行カードでスーパーやレストランのお支払いもできるので非常に便利です。留学生には、ATMの設置場所も多いTDバンクが非常に人気です。その他、Royal BankやBank of Montrealが有名です。

携帯電話

都市部には日本語の通じる携帯ショップもあるので簡単に契約することができます。FSSは現地携帯会社(日本人スタッフ勤務)との提携によりカナダ留学前のご契約が可能です。SIMカードを変更するだけで現在の携帯電話をそのまま使用でき、料金もカナダ携帯会社のものより割安です。また、本人(または親)名義でカード決済もできる上、渡航直前にカナダ用の携帯番号ももらえるので、カナダ到着後すぐに使用できます。

SINカード(Social Insurance Number/社会保険番号)

カナダで有給のお仕事に付く場合、SINカードの取得が必要です。申請には1:パスポート 2:就労許可証(ワーホリビザ) 3:申請書 4:住所が必要です。直接、オフィスに出向き申請してください。申請後、3~4週間でSINカードが滞在先に郵送されてきます。ワーホリ留学でカナダで就労する方は必ずお手続きを完了してください。お手続きに関しご不明な点は、FSSの現地カウンセラーや学校カウンセラーにご相談いただけます。

申請場所

バンクーバー Sinclair Canter 4F「Service Canada Center」
トロント Human Resource Center

カナダ留学に関するご質問など、何でもお気軽にご相談ください。:Webからのお問い合せ・ご相談